YouTubeもやってるよ

povo(au)基本料金0円+有料トッピングプランとは?メリットデメリット注意点も合わせてわかりやすく解説

povoトッピングプランとは?通信

auのオンライン専用ブランドpovo2.0(au KDDI)はゼロからキミのやりかたで。をキャッチコピーに
「月額基本料金0円+有料のトッピング」プランを2021年9月29日より開始したサービスです。

povo2.0 の内容とメリット・デメリット注意点も合わせてなるべくわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

povo基本料金0円+トッピングプランとは

povoのトッピングプランがどんなプランなのかというと
基本料金0円のベースプランを契約し

  • データ
  • 通話
  • コンテンツ

いくつかある選択肢の中から自分に合ったプランをトッピング(追加)するというもの。

povoオールトッピング

基本料0円契約(ベースプラン)+トッピング(有料)

auのゼロから始めるオールトッピング詳細
画像引用:KDDInewsrelease

トッピングは有料です。

ベースプランは月額0円データも0

ベースプラン

月額基本料:0円
月間データ:0GB
国内通話料:30秒あたり20円 (税込22円)

ベースプランは月額0、データも0GB
それに加えて用意された好みのデータやコンテンツを選んで追加トッピングするプラン

※180日間(約半年)以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となる場合あり

usa
usa

どれかひとつはトッピングしてね。って感じ

トッピングは「データ・通話・コンテンツ」の3種類に分かれていて、それぞれで種類ごと料金設定があります。

スポンサーリンク

通話トッピングは2種類 月額料金

通話トッピングには、通話かけ放題と5分以内かけ放題の2種類あり、月額料金設定になっています。

povo通話トッピングは2種類
画像引用:povo公式 トッピング一覧
  • 5分以内かけ放題:月額500円 (税込550円)
  • 通話かけ放題:月額1,500円 (税込1,650円)

かけ放題なしの場合はベースプランの国内通話料:30秒あたり20円 (税込22円)がかかります。
通話トッピングは月額なので毎月継続で支払います。

スポンサーリンク

データトッピングは6種類

画像引用:KDDInewsrelease

データトッピングは6種類、データ量と日数が決まっています。

データ容量の追加がない場合、0GB時に通信速度は送受信最大128kbpsに制限されるため注意が必要です。128kbpsはかなり遅いのでWi-Fiを使わない人にはつらい速度です。

使いたい時だけ使い過ぎ防止に

7日(1週間)、30日(1か月)、90日(3か月)、180日(半年)ごと、それぞれデータが使える期間とデータ容量が決まっています。

あまりデータを使うことがないなら使い方次第では価格が抑えられるかも

usa
usa

1日だけデータ使いたいって時なんかにはいいね

他キャリアの安いプランでは

LINEMO(ラインモ)のミニプランが3GBで税込990円
楽天モバイルでは3GBまで980円(税込1,078円)
1GB未満であれば1回線目に限りますが0円で使えます。

データが定額のプランではプラン変更しない限りは同じ料金設定なのに対して、povo2.0では月毎や日毎で変更できます。使った分だけ支払うタイプの料金体系ではついつい使い過ぎてしまう人には向いていると思います。

月単位ではなくデータ量を好きなタイミングで購入して使えるのがメリット!

データトッピングの購入はアプリで

データトッピングは自分の好きなタイミングで購入できます。
購入方法はpovo2.0アプリから行います。

povo2.0アプリ
povo2.0アプリ
開発元:KDDI CORPORATION
無料
posted withアプリーチ
画像引用:povo2.0公式 データトッピング利用方法
  • 購入するデータトッピングを選択
  • 説明を確認し、購入ボタンをタップ→OK

データ残容量や契約内容の確認もできます。

データの自動更新はなし。お知らせあり

通話トッピングでは月額なので継続になりますが、データトッピングでは自分のタイミングで購入するため、データトッピングの自動更新はされません。

購入から180日以上で利用停止・契約解除の可能性があるので最後の購入から半年以上経つ前に購入する必要があります。

nemu
nemu

データの残容量が一定以下・有効期限前に、EメールやSMS等で知らせてくれるよ。

  • データ容量の合計残容量が1GB・500MB・0MBの場合
  • 有効期限1日前の昼12時頃

データトッピングの購入・利用時の注意点

  • 同時に購入できる個数に制限なし
    (※データ使い放題(24時間)適用中除く)
  • データボーナス・利用期限の短いものから消費される
  • サービス利用中の途中解約や日割返金不可
  • 解約した場合、データ容量・有効期限が残っていても利用不可
usa
usa

購入すると日割返金や解約後の利用ができなくなっちゃうんやね

コンテンツトッピングは2種類

コンテンツトッピングは使いたい期間スポーツや音楽、ドラマ、アニメ、バラエティなどを楽しめるコンテンツ使い放題の追加ができるようになっています。

画像引用:povo公式 トッピング一覧
  • DAZN使い放題パック (7日間 760円):ライブスポーツが見放題
  • smash.使い放題パック (24時間 220円):音楽、ドラマ、アニメ、バラエティなど
    ※ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合あり

smashはバーティカルシアターアプリを利用できるパックです。
通常のデータを使いたい放題を1日利用したいならデータトッピングの24時間使い放題(330円)でOK

他社キャリア20GBプランでの比較

他キャリアahamo(docomo)LINEMO(softbank) 楽天モバイルun-limitと、povo(au)の20GBプランを通話オプションも含めて料金を比較してみました。(月単位)

20GB通話オプション20GB+通話オプション
povo2,455円(税込2,700円)500円 (税込550円) 2,955円(税込3,250円)
LINEMO2,480円(税込2,728円)500円 (税込550円)2,980円(税込3,278円)
ahamo2,700円(税込2,970円)国内5分無料付き
楽天モバイル1,980円(税込2,178円)国内かけ放題

4キャリアの通話オプションを含む20GBのプラン比較で総合的に1番安いのは楽天モバイル!
アプリを使えば国内通話もかけ放題(一部対象外除く)です。

povo、LINEMO、ahamoは通話5分間無料が付いた場合は近い金額になります。
ahamoは5分間無料付きなので込みの金額設定になっています。

楽天モバイルunlimitとpovoのデータ料金比較

povoの60GB(90日間)150GB(180日間)なら実質20GB 1,967円 (税込2,163円)で楽天と並びますが通話トッピングをつけるなら+500円(税込550円)が追加になるため月あたり料金が2,567円になります。

安さで選ぶなら楽天モバイルか、通話トッピングなし期限長めのpovo(20GBの場合)
通常の電話はあまり使うことはなくて、LINEトーク通話をよく使うならLINEギガフリーがついているLINEMOを検討してもいいかもしれません。

基本料金0円のベースプランを契約して通話トッピング(月額1500、税込み1,650円)のかけ放題のみを契約して通話だけで使うのもありです!

au povo2.0 メリットデメリットまとめ

au povo2.0のオールトッピングは基本料ゼロ、データもゼロからのスタートで追加購入でトッピングするプランです。

  • プリペイドカードのようにデータトッピングを購入できて使いたい分だけ使い過ぎ防止になる
  • データトッピングは自分のタイミングで購入。自動更新なし
  • 都度データトッピングを購入をするのが人によっては手間
  • 180日以上有料購入がない場合、利用停止または解除の可能性あり
  • データトッピングの購入がない、またはデータ0時に送受信最大128kbpsの低速になる
  • 解約した場合、データ容量・有効期限が残っていても利用不可
  • 通話オプションなしなら20GBで税込2,163円で使える

自分がどんな使い方をしたいのか、何を重視するのか等を考えて選ぶのがいいと思います。

通信
スポンサーリンク
nemuをフォローする
記事を書いてるやつ
nemu

nemuです。
眠たい目をこじ開けていいモノ探し。いいモノとは値段ではなく自分の心がときめくものだ。最近ミーノに心を奪われた。。( ˘ω˘)スヤァ。。
YouTubeもやってます。

nemuをフォローする
nemuu.net
タイトルとURLをコピーしました